2015年03月22日

読書020〜プラットフォーム戦略〜

こんにちは。後藤です。
最近プラットフォームビジネスについて、米国のシリコンバレー初の企業がとっても多いな〜日本は負けているな〜と感じていおります。そんな中で、名前負けして買った本の紹介です(笑)

【プラットフォーム戦略】
平野 敦士 カール、 アンドレイ・ハギウ(著)

【おすすめ度】
★☆☆☆☆



うん、やっぱり名前負け(苦笑)
内容はとても薄いです。しかし、プラットフォームビジネスの種類と例が数多く挙げられています。

ただ色々なプラットフォームビジネスについて、考察するには値するとは思います。
プラットフォームのビジネスにおいて、そのプラットフォームの中核のプロダクトについては、日本は持っているが、プラットフォーム化の所で負けていると感じている

色々な点で日本企業がうまくいっていない理由はあるが、グローバルで戦略的なサービスの展開力、スピードが日本企業は弱いのだと考えている。
ソニーは、itunesは生み出せる要素は持っていたが、Appleにやられたのが代表的な例ですよね。

本書の最後に日本はどうすべきかについて記載されており、経営とITそしてグローバルで活躍できる(語学も含めて)が必要だ、と説いてあるが
私はそれだけでは難しいと思う。

そもそもグローバルでプラットフォームを展開していくのであれば、そもそもそれを意思決定するのはグローバルなメンバーである必要がある。
私も海外のプラットフォームを目指すスタートアップと何社かディスカッションしたことがあるが、能力があれば国籍関係なく採用したいと意欲できであった
やはりその国にプラットフォームをするのであれば、その国を良く知る優秀なメンバーが必要とのことです。

そういう意味では、プラットフォームビジネスをグローバルで目指すのであれば、最初からマネジメントを国籍問わずグローバルな陣容が必要ではないかと思います。

ごっちゃん

posted by ごっちゃん at 13:15| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

読書019~ハーバードビジネスレビュー IoTの衝撃

こんにちは。ごっちゃんです。

最近IoTのサービスを提供しているので、これはと思い読みました。
ハーバードビジネスレビューは定期購読しているのですが、結構読むのが大変。
書いてある内容が濃い!!

今回は少し専門的です

【Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2015年 04 月号】
ダイヤモンド社 (著)

【おすすめ度】
★★☆☆☆



IoTは物にセンサーをつけてインターネット上にデータを流せるようになり、様々なデータを解析できるようになることを言います。

この雑誌で特に面白かったのが、IoT時代の競争戦略というお題でポーター氏らで書かれている部分である
IT業界にはバズワード(流行り言葉)が多く、実際に世の中を変えるほどのことはあまりない。

私が考えているのは、そのバズワードが、イノベーションを起こせるかどうか。
具体的に言うと、
・プロダクトイノベーション
・プロセスイノベーション
・マーケットイノベーション
・ビジネスモデルイノベーション
※ここではそれぞれのイノベーションは説明を省きます。また破壊的、持続的という観点も別途どこかでトピックとして扱います。

が起こるかどうかです。

クラウドは、確実にビジネスモデルイノベーションだと思ってます。
ビジネスモデルは様々概念がありますが、
・収益モデル
・競争優位性
・バリューチェーン
これが変化しているのでビジネスモデルイノベーションになりうると思ってます。

さてIoTはどうか。
まだまだ、イノベーションであると言えるほど、導入が進んでいないのが実態です。
しかし本書では、競争優位が変化することが書かれています。そしてプレーヤー(バリューチェーン)も大きく変わってくると。
大手企業のGEはソフトウェア会社を設立しほとんどの事業でソフトウェアがキーになると言っています。
イイノベーションの可能性が十分ありますね。

イノベーションだろうとなかろうと、マクロ的にこの変化をとらえて、時代に先駆けて仕掛けるプレーヤーが勝ち抜けると思います。

私もこの波をしっかり掴んでいきたいと思ってます。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 12:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

読書018〜なぜ人と組織は変われないか〜

こんにちは。後藤です。
久しぶりに良書に会いました。おすすめです!!

【なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践】
ロバート・キーガン (著), リサ・ラスコウ・レイヒー (著), 池村千秋 (翻訳)

【おすすめ度】
★★★★☆




この本の内容は、戦略や組織構造などは変えてもなんで人が買われないかということを研究しその課題を解決するために幾つかコンサルティングした事例をもとに書かれている。
なぜ人と組織が戦略に合わせて買われないかは
第一は、変革の必要性には理解しているのに、何が変革を妨げになっているのかを十分に理解されていない問題。
第二に人は大して変われないと考えている問題。
そして、第三の問題として、卓越した成果を生み出す能力が自身を支配している裏の目標の影響により弱められたり、ときに完全に打ち消されてしまうことだと書かれている

 本書はこうした中で、変革を阻む免疫機能を把握する免疫マップを作成し、個人と組織がどのような変化を遂げられるのかをコンサルティングの事例として詳しく説明している。

特に素晴らしいところは、理論だけでなく実際のインプリメンテーションについても詳しく書かれている。
そしてインプリメンテーション部分も共通的なこと、企業ごとの特殊要因を分けることを意識して書かれている。

たいてい組織行動のインプリメンテーションはTIPS集になりがちになるが、しっかり理論とインプリメンテーションがバランス良くロジカルに説明できているところがこの本の良いところ

課題は、実際この本のようにやるとすると、企業ごとの特殊要因がある場合は、コンサルティングを依頼しないと難しいかもしれないということ。

理論と実践のバランスが素晴らしいこの本はおすすめです。

後藤
posted by ごっちゃん at 12:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

読書017~吉田松陰 留魂録

2月に山口県の萩に大学院のメンバーと吉田松陰の松下村塾を見学してきました。

吉田松陰のリーダーシップを学び、現代の私たちの世代で何かできないかと考えるいい機会で、その予習として読んだ本の紹介です。

【吉田松陰 留魂録 (全訳注) 】
古川 薫(著)(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



なぜこの本を買ったかは理由は二つ
@基本ポリシーとしてどんなジャンルの本も、原文もしくは原文に近いものを一冊は読んでおく。
そうすすことで解釈や見えない前提条件をクリアになり、誤った認識を排除できる
A古川さんは松陰や明治維新について多数執筆しているのでその中の一冊は読んでおきたかったから
そのジャンルの有名な人は一度目を通しておくと全体の主張の概要がわかっていいですね

さて内容はというと、松陰の生い立ちや、幕末から明治維新の概要を書きつつ、松陰が弟子たちに
遺書として残した【 留魂録】について、原文と訳そして解説が書かれてあります。

吉田松陰は松下村塾で1年ちょっとしか教えていないが、その後の明治維新の中心となる人材を輩出しています。
そしてこの幕末とはいえ国内の規制が厳しい中、外部環境を読んで制約条件をものともせず行動できるのはすごいことですね。

私も、すぐ◯◯があるからできない、と制約条件を気にしてしまうのをやめなくてはと思いました。

吉田松陰について知りたいのであれば、読んでみてください

後藤
posted by ごっちゃん at 20:54| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

読書016~逆境経営〜

ここ近年めっきりお酒が弱くなり、一回の宴で3杯程度しか飲めなくなった後藤です(涙)

さて先般、山口の旭酒造に訪問し、工場見学や利き酒をしてきました。
その旭酒造の現在の社長、3代目が書かれた本を紹介します。

バイアスかかっているのかとっても面白く読めました(笑)

【逆境経営―山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法】
桜井 博志(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



この「獺祭(だっさい)」という日本酒が、現在は、老若男女を問わず人気を集め、純米大吟醸という分野で出荷数量全国一となっていますが、現在の3代目が継いだ時は、傾きかけていて、山口県の奥地の小さな酒造メーカーでした。
「死ぬか生きるか――だったら、やれることをやってみよう。目の前にある常識をすべて疑い、まったく新しい旭酒造に生まれ変わろう。瀕死の状態ならば、失うことを恐れる理由などない」として、通常は杜氏がレシピを考え作るのに、素人の社員が作ることをきめデータ管理や標準化を行い品質の良いお酒を提供し日本No1まで上り詰めた物語が書かれてあります。

経営的には、ニッチ戦略でかつ常にPDCAを回し続けたことがここまで生き残ったことにつながると思います。PDCAの中には、会社が潰れる大失敗もあったんですが、なんとか持ちこたえ時代とともに変化してきて、今や日本No1です。

経営論というよりは社長の生き様が感じられる本です。逆境こそその人間の本質が問われるし成長できることが書かれてあります。
私も、もっと逆境に突っ込んで成長しなければと思う本でした。

これを読んで獺祭を飲むとひときわ美味しく感じてしまいますね。

後藤
posted by ごっちゃん at 00:33| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

読書015〜強いIT戦略〜

自称 IT業界研究家の後藤です(笑)
IT業界の所属していながら自分の業界がよくわからないということで、IT業界の本は片っぱしから読んでます。
その中の一冊です。

【強いIT戦略】
アクセンチュア テクノロジーコンサルティング(著)

【おすすめ度】
★☆☆☆☆



よくあるコンサルが出すダメ本の一つですね。本当はもう少し詳しく書けるのに、幅広くターゲットを取ってしまうので、エッジの尖った調査資料というよりは、解りやすいものを使ってしまい、どうしてもコンサルの良さが消えてしまう。

内容は5つのI
・イノベーション
・インフォメーション
・インテグレーション
・インフラストラクチャー
・インダストリアライゼーション
・IT人材マネジメント
の構成で現状の問題と解決方針について描かれている。

2008年に描かれたもので、元となったデータは多分2006年、2007年から取っているので、今から見るとたいしたことないのだが、これが2008年ごろに読んだとすると、将来に対して鋭い洞察があります。
特に興味をそそられたのが、この時点で、中小IT企業の収益性について、データで示されていて、すでに限界にきていることを示唆している。また米国と日本を比較して、日本のSIの人材不足を予測している。

2008年から現在7年後。描かれてあることは当たっていて、予想はできたけどSIerの経営者は、マクロ環境を読んで大きく勝負できるはずなのになかなかできていない状況ですね。
2008年から経年で、その変化を捉えると、近い将来のマクロ環境は推測できるんだけどね。

そういった意味で踏み込みが甘い本でした。

後藤
posted by ごっちゃん at 20:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

読書014〜会社を変える分析の力〜

最近はビックデータは、幻滅期に入ったんでしょうか。徐々にブームが去りつつありますね。でも実際は、今後データ分析力は企業の力の源になると思ってます。
さてさて、今日はそんな中、同じ業界でデータ分析のすぐれた人物の本を薦められたので紹介します

【会社を変える分析の力 】
河本 薫 (著)

【おすすめ度】
★★☆☆☆





著者は、大阪ガス出身で、アメリカでエネルギーの消費などのデータ分析研究しており、博士号を取得。現在はオージス総研という会社でデータ分析のビジネス支援をしている方です。

本の内容は、
1.問題発見力(課題や仮説を見つける力)
2.分析力(問題を解いて解を得る力)
3.実行力(解を実行し、ビジネス上の価値を生み出す力)
が大切と言っています。
分析だけしても意味がなく意思決定しなければデータ分析をしても意味がないとのこと

言っていることは最もですね。

実際データ分析は歴史が古く、実は昔から意思決定支援できないと意味がないというのは通説なので当たり前のことを言っているにすぎない。

また最近ビックデータと言われるが、実はビックなデータって世の中は結構少ない。数ペタバイト級のデータを持っているのは世の中あまり無い。ビックデータていうのは、データは小さいけど、全体のデータが簡単に手に入るようになってきたこと
またそのデータのメッシュが細かく取れるようになってきたことが変わってきたと思います。

あと分析するIT側もかなり安く、早くなってきた。

この本でとても良い示唆は、
「因果関係の探求から相関関係の探求へ変わる」ことです。
いままではデータの一部がわかっているので全体の因果関係を探求し、結論を推測するのがデータ分析だったけど、全体のデータを簡単に取得できるので、相関関係がある結論は何かを探求することに変わってきている。

まだまだ世の中分析がちゃんとできる人が少ないので(そもそもデータ分析とはをわかっている人が少ない)この本は、事例も小説風で読みやすいので、データ分析を知らない初心者にはオススメです。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 09:23| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

読書013〜マクドナルド失敗本質〜

ごっちゃんです。

大学院を卒業してそろそろ一年。今年度は卒業時に掲げた志に向かって羽ばたく歳にしたいな〜と思っている今日この頃です。
さてさて、今日はプレゼントで頂いた本を早速読んだのでご紹介です。

【マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビジネスモデル 】
小川 孔輔 (著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



著者は小売業や流通業に詳しい研究者でこの本でも、日本マクドナルド転落の軌跡の理由を詳しく論じている。
マクドナルド社員へのインタビューをするとバイアスがかかるということで、外部に公開されている指標をFACTとして、なぜ現状のようになったのか、マクロからしっかり分析している。
比較元となっているFACTを一旦正しい(私はこの業界にそれほど詳しくないので・・・)とするととてもロジカルにマクドナルドの現状を類推していてとてもわかりやすかったです。
短期利益を追求する株主(ファンド)の圧力に押され、当初は本来のマックの価値を高めることを志向した原田氏(プロ経営者)の戦略・戦術が迷走に至ったのではないかという仮説は、事実かどうかはさておき面白いですね。

いちユーザーとしては、近くのマクドナルドで電源を全部撤廃するなど、かなり回転率重視にしたな〜とおもったのと、ドミナント戦略で結構ビジネス街でも近くに何店もあったのに、閉鎖して地域に1店ぐらいしかなくなってしまったな〜と思いました。
ビジネスマンの私としては、昼にPCでメールをしながら次のアポに備えるには電源が欲しいので、電源がないといかないですし、地域で1店舗しかないと昼時は結構混んでいて、いちいち行かなくてもいいやとなってしまい、ここ2年ぐらい入っていない。

マクロ的にはデフレが終了するとファーストフード(格安を目指すもの)は厳しくなるので、戦略転換が必要になるのが当たり前で、時代に先駆けてそれを仕掛けられるかがポイントだと思いますね。

タイミングが早すぎると失敗するので経営者の手腕が試されますね。

ごっちゃん


posted by ごっちゃん at 15:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

読書012〜【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド 〜

ごっちゃんです。

そろそろ春ですかね。この時期はインフルエンザが流行るので体調には気をつけたいです。
さてさて本日は、IT系の本の紹介。
著者の一人斎藤さんはとってもお世話になっている方なので。すぐアマゾンでポチりしました。

【【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド 】
斎藤 昌義 (著), 大越 章司 (著), 渋屋 隆一 (著)(著)  

【おすすめ度】
★★★☆☆



ビックデータやクラウドなど最近のIT業界について、1枚づつのチャートで表現されている本です。
過去の経緯から最近のトレンドへつなげて書かれてあるので、とてもわかりやすく書かれています。

複雑なことをこれだけ抽象化してイメージに落とすのは、とても難易度が高く、チャート自体に価値がありますね。
しかもこの本を買うとこの本に書かれているチャートとパワーポイントでもらえます。

IT業界に所属している人はとても役に立つこと間違いない。
また学生やIT業界の若手、ITを少しでも使う方にも見ていただきたいですね。

ごっちゃん



posted by ごっちゃん at 21:30| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

読書011〜プロフェッショナルマネージャー〜

ごっちゃんです。

1月はあっという間でしたね。2月は日数も少なくて、3月4月は異動の時期となかなかバタバタしています。
さて今日は、古い本ですが、経営者の本としては、有名な本の紹介です。
私の尊敬する経営者の人がオススメしている本は極力目を通そうとしています。
この本もその内の一つとても勉強になりましたので紹介です。

【プロフェッショナルマネジャー】
ハロルド・ジェニーン(著)  

【おすすめ度】
★★★★☆



久しぶりの★四つ!!
経営の鬼神と呼ばれるハロルド・ジェニーンが書いた経営の指南書です。
ハロルド・ジェニーンは貧しい境遇から這い上がり、米国のコングロマリット(多国籍企業)・ITT(インターナショナル・テレフォン・アンド・テレグラフ・カンパニー)の最高経営責任者(CEO)に就任したハロルド・ジェニーンは、58四半期(実に14年半)に亘って連続増益を成し遂げ、売上高と利益を約20倍に伸ばした凄腕の経営者です。

巻末にユニクロの柳井さん要点をまとめている。
●経営の秘訣――まず目標を設定し「逆算」せよ
●部下の報告――「5つの事実」をどう見分けるか
●リーダーシップ――現場と「緊張感ある対等関係」をつくれ
●意思決定――ロジカルシンキングの限界を知れ
●部下指導法――「オレオレ社員」の台頭を許すな
●数字把握力――データの背後にあるものを読み解け
●後継ぎ育成法――「社員FC制度」が究極の形だ、の7つである。

特に印象に残ったのが、正しいことを正しく徹底的にすることです。
過去に素晴らしい業績を残したり、そこそこ優秀だったマネージャーでも、今現在の仕事で能力や熱意が書けていれば、クビにすべきである。クビにせずそのままのポジションや社内で同じようなポジションにスライドすれば、その配下の人間のモチベーションなど、社内に悪影響を及ぼすからと解いてます。断固として解雇すべきだと。

こういうのが、日本の企業ではしにくいんですよね〜
これができないので優秀な人が埋もれ、日本の企業は価値が出しにくくなり、ひいては国際競争力を失っていくことになる。そこまで俯瞰して経営者としては考えなくてはいけないなと改めて思いました。
良書です。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 16:43| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。