2015年12月30日

読書050〜ブレない軸の作り方

こんにちは。師走ですね。
年内最後のブログとなります。
今年は、転職したこともあり、読書数も182冊と200冊には届かず(涙)

来年は、200冊はベースで超えていきたいですね。インプットがないとアウトプットは生まれないですから

さて本日も良書のご紹介です。

【絶対ブレない「軸」のつくり方】
南 壮一郎(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆


著者は、現在はビズリーチの代表取締役で、経歴は、モルガンスタンレー証券から、楽天イーグルスの左往業メンバー。
本の内容は、南さんが、元々スポーツビジネスを志したが、様々な人のアドバイスを元にまずは、通常のビジネスを行うためにモルガンスタンレーに入社し、順風満帆な人生を送っていましたが、どうしてもスポーツびじねすに関わりたく、モルガンスタンレー証券をやめ、無職のまま点々とスポーツビジネスに関われないか試行錯誤していく、そして最後に楽天のみ期待にさんを30分のピレゼンで口説き落とし、楽天イーグルスの創業メンバーに参画されるまでのことが描かれています。
コネも、お金も、ノウハウもない中、破天荒なやり方でなんとか道を探し続け、チャンスを探す姿は尊敬します。

私もベンチャー企業に転職して10ヶ月経ちますが、まだまだやってないことがたくさんあり、南さんのようにガツガツ夢に向かって進んでいくべきだと思いました。

人生にチャレンジしたいビジネスパーソンは必読な本ですね。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

読書049~システム開発の教科書

こんにちは〜 師走ですね。

今日はシステム開発のオススメ本を紹介します。

【システム開発の教科書〜なぜ、要件定義がうまくいっても使えないシステムができてしまうのか?】
中川 充(著)

【おすすめ度】
★★★★☆



著者の中川氏は、公認会計士で公認会計士事務所の代表。そしてシステムコンサルタントでもあります。
書いてある内容は、納得感のあるものでした。私も数年、業務コンサルをしていたのでアプローチは非常に似ていたからです。
本書では、システムの基本構想が大事で、それを「経営」「会計」「業務」「システム」の視点で考える必要があると言っています。
中堅、中小の企業相手の中小、中堅のシステムベンダーは、かなりシステム基本構想をおろそかにする傾向があります。大規模プロジェクト(ハードソフト抜きで数億〜数十億円)であれば、かならず行うのですが、数千万円のプロジェクトだとベンダー側も積極的に行いませんし、顧客側もそれを実行するケイパビリティーがないため、行わないことがよくあるからです。
システムの基本構想がしっかりしてないと、システム開発は要件がブレたり、可視化できない場合があるので、想定外の開発をしなければならず、出来上がって後、コストが膨らんだり、想定と違うものができたりするからです。

そのほか要件定義や業務フローについて書かれていますが、これは他の本でも参考書がたくさんあるので、本書では、参考程度に見るぐらいだと思います。

業務コンサルをしたことないシステムベンダーの人や、コンサルを入れず直接システムベンダーに依頼をしている企業側の担当者には良い参考書となるでしょう。

ごっちゃん


posted by ごっちゃん at 12:46| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

読書048~いつまでも会社があると思うなよ!

ごっちゃんです。

ここ近日かなり仕事や執筆活動のピークで本ブログの更新をサボってました〜

本は相変わらず読んでいるので、読んでいる中で良書を紹介していきたいと思います

【いつまでも会社があると思うなよ!】
川島高之(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



著者の川島さんは三井物産ロジのCEOでイクボスの代表者です。
work,life,socialの三方よしが結局仕事にも良い影響を与えると著者は言っています。
特に川島さんは、PTAや地元などのsocialへの貢献について多くを語られている。
世の中の男性陣はsocialへの参加率が悪いですから、なるほどな〜と思いました。

私も持論として、仕事以外の時間をどのように活動するかで、人生の豊かさが決まると思っています。
人間睡眠時間を6時間とすると、1日18時間。月540時間の活動時間がります。
その540時間のうち、まあ頑張っても200時間〜250時間ぐらいが仕事の時間だとすると、それ以外の時間を何に使うか。
結局仕事以外の時間の方が長いんですよね〜
仕事を抜かした残りの時間を、より自分らしく使うことで人生豊かにできると思っています。
私は、読書や、ブログ、執筆活動もこの範囲に入ります。
家族とゆっくり過ごすのもいいですし、私みたいに何かをいつも取り組んでいるのもいいと思います。

言えることは、その時間を何に選択するかはとても重要で、ただ単純に時間を浪費しないよう気をつけたほうがいいということですね。

改めて仕事以外の時間をどう使うかを考えさせられる本でした

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 00:18| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

読書047~Web分析の教科書

ごっちゃんです。

最近だんだん寒くなってきましたね。寒いとベットからでれないので、朝の勉強時間捻出に苦労する時期ですね。

さてさて今回は連続でweb解析な本の紹介。

【サイトの改善と目標達成のための Web分析の教科書】
日本Web協会(JWA)(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




前回のweb解析入門と違って、この本は初心者向けのテクニック編ですね。
アクセス解析を用いた分析や、リサーチ、ユーザビリティテスト、アドなどの
Web解析に必要な要素が網羅的に書かれてあります。

広く浅くweb解析は何をしないといけないかを知りたい人にはもってこいの教科書ですね。

前回あげたweb解析入門とこの本があれば、初歩はクリアできますね。

後藤
posted by ごっちゃん at 23:35| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

読書046~Web解析入門

ごっちゃんです。

読書の秋とはよく言ったものですね。この時期は面白そうな本がいっぱい出版されるので、どうも目移りする。ぐっと我慢して、ジャンルを絞って読まないとインプットが定着しないので、気をつけてます

さて今日は、仕事とも絡むwebの本。

【繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」
 〜Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践】

江尻 俊章(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




江尻さんはweb解析の第一人者。その方がweb解析の基本を書かれた本です。
よくできていて面白いですね
web解析の技術面ではなくweb解析をどうしたら事業に生かせるかを中心に書いています。テクニックによってないところが良いところで、また事例も幾つか載ってあります

web解析を事業で使うには?って観点で読むととっても参考になる本でした

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

読書045~IT人材再生戦略

ごっちゃんです。

下期も始まり、年末に向けて徐々にスパートって感じですかね。
現在、書籍執筆中で1月に販売になりそうなので私もスパートって感じです。

さてさて今日はIT業界の本です。

【IT人材再生戦略 企業を支える「幸せなSE」】
淀川 高喜 (著)

【おすすめ度】
★★★★☆



2009年にこんな良い本が出ていたんですね。
マクロや定量分析から、SI業界の構造を指摘してます。そしてその状況からどのような再生戦略があるかが書いてあります。
コンサル的アプローチなので若干打ち手部分が曖昧ですが、それでも2009年時点でこの分析はとてもまっとうを得ています。
業界構造を指摘していますが、その構造の中でどのように改革していくかが書かれていて、この構造を大きく変える視点が少ないのは、2009年だからでしょうか。

とはいえ、とても参考になる一冊です。

SI業界の構造を捉えるには必読ですね。

ごっちゃん


posted by ごっちゃん at 23:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

読書044~BtoBのためのマーケティングオートメーション正しい選び方・使い方

ごっちゃんです。

だいぶ涼しくなってきましたね。
読書の秋楽しんでます。

さて今日はマーケティングオートメーション第二弾

【BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方
 日本企業のマーケティングと営業を考える】
庭山 一郎(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




BtoBのマーケティングオートメーション(以下MA )を入れるためには、どのようなことをしないといけないのかと、そのためのツールってどんな種類があるかをまとめたものになってます

よく整理されていてとてもわかりやすいです。

特にMAやSFAの歴史、日米の違いなど、分けて考えるべきことをしっかり分けて考えていますし、マーケティングの基本ができてないとツールを使っても意味がないと言っていることも共感できます。

BtoB市場において、マーケティングの戦略からオペレーションまで設計できる人はもともとほとんどいなくて、そういう会社がMAをいれても多分役にたないでしょう。

今後は、マーケティング戦略〜CRMをきっちり設計できてPDCAを回せる会社がBtoB市場でも買っていくと思いますが、人材開発が必要ですね。

でも私がやっていた時はほぼ自動化が無理でエクセルと格闘していたんですが、便利になりましたね。

マーケティング戦略とCRM、セールスプロセスを策定して、KPIを設定したけどなかなかKPIのための元データが取れず苦労した時代は終わりましたね。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

読書043~マーケティングオートメーション入門

ごっちゃんです。

最近人事系のインプットばかりしていたので、違った本が読みたくなりました。
今現在流行のマーケティングオートメーションについての本です。

【マーケティングオートメーション入門】
電通イーマーケティングワン(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




マーケティングオートメーション(MA)について、初歩的なことが書いてあります。
リードジェネレーションからリードクオリフィケーションの方法について、MAのシステムを意識ししながら解説していて、わかりやすいです。

前職でクラウドサービスの企画・マーケをしていたので、やっていることについては、特に目新しくはありませんでした。
もう少しデマンドクリエーションとのつながりや、営業側にリードを渡した後に、戻ってきたり、リードナーチャリングの具体的やり方について記載してあったらよかったのにな。
でも、私がやっていた時は、エクセルとヒアリングでチマチマやっていて、データが取れずにかなり苦労していたんですが、MAってそれがすごく簡単になった感じです。

入門編としては、いいと思います

ごっちゃん

posted by ごっちゃん at 08:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

読書042~すべての組織は変えられる

ごっちゃんです。
最近本を執筆しているのですが、本を作るのは大変ですね。
今まで散々批判してきましたが、本を作る営み自体を経験されているっていうのはとっても尊敬してます

さて今日も人事系の本です

【すべての組織は変えられる】
麻野 耕司 (著)(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




著者は、リンクアンドモチベーションの麻野氏。
本は、実際の組織の闇(問題点)をつき、その問題をどうやって解決したか、実際の実例が書かれてあります。

組織論としては、当たり前のことばかりですが、事例とともに乗っているのはとってもわかりやすい。
世の中組織論を見ると、経営の一番の肝は、人事と組織作りって書いてある。(GEの元CEOジャックウェルチもいってますもんね)

いっぱいそう書いてあっても実際の現場は、人事より短期的成果、オペレーションが重要視されていて、人事は二の次の会社が沢山ある(そういった会社は、長期的な業績はイマイチな会社も多いが)
私は人を大事にする派で、所属している業界もITなんで結局会社は人が作るんでいい人を作らないとと思ってます

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 10:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

読書041~戦略人事のビジョン

ごっちゃんです。

あっという間に、秋な感じですね。来週から寒くなるらしい。
さてさて本日は、人事系でスペシャルな学友から紹介されて読んだ本です。

【戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ 】
八木 洋介 金井 壽宏 (著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



読みやすくて、面白かったですね。
もともと著者の八木さんは、とても有名な方ですし、金井先生もこの道では第一人者なので、前提が理解できているおかげですんなり入ってきました。

内容は、八木さんがGEで培った戦略的な人事のやり方を語り、それを金井さんが論理化し解説するといった対談形式となっていてとってもやり取りが面白い。

最近人事の本を読み漁っているが、だいたい掴めてきた感じ
MBAではベースの知識体系は学んできたが、今現在の人事のトレンドや、どのような制度の歴史、制度ごとのメリデメがわかってきた感じ。

組織戦略は学問として、まだまだ未発達の部分が多いけど、その中で自社に合った戦略的人事を取り組んでいきたいし、そうできるのが、ベンチャー企業のメリットだなと感じました

大企業だと、わかっちゃいるけど変えられないですもんね。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。