2014年09月25日

分析するとは!!

ごっちゃんです。

最近いろいろな調査資料や会社の資料に目を通すのですのですが、結構分析できてないのに分析しました〜ってやつに出くわす。

大学院にいってよかった事は、「分析」ってことを根っこから考えて実践出来た事。今でもどのアウトプットも分析なのか整理なのか、個人的な主張なのかを分けて使っている。
さて、そもそも「分析」とはなんでしょう。

シンプルに言うと、「分析の対象を構成要素に分けてそのものの特徴と成り立ちを体系的に把握する事」です。
分析の「分」は分けるってこと、「析」木を斧で縦に割くこと、つまり縦や横に割ってそれがどんな物かを見る事を漢字としては意味してます。
これを実践するのは結構難しい。
じゃー実際にどうするのか。

@対象を構成要所に分ける⇒MECEに分ける
A属性(切り口)ごとに分類する
B他の対象(時間、空間も含め)比べる
C体系化する(演繹化)

ここまで出来ると素晴らしい分析ですね。

詳しく見ると
@は、例えば「ビールジョッキ」だと、まずは透明の入れ物、上から見ると丸い、下から見ても丸い。取っ手がついている、ガラスで出来ている、片手で持つと結構重量がある・・・・
などなど構成要素をMECE(もれなく、だぶりなく)分けていく。ポイントは極力定性ではなく定量的に図ること。あとで比較しやすくなります。

Aそして次に属性分けですが、ここはすっごくセンスがいる。いわゆるよい切り口ってやつです。
材質で分けるのか、パーツの種類で分けるのか、質量を重視するのかなど、分けた物をある切り口で抽出します。

Bそして他の対象と比較する。
(実は世の中これができていないレポートとかとっても多い)
時間軸、空間軸、類似した物で比較して、抽出した切り口との差を比べ、意味を抽出する。
それぞれの構成要素が定量的に図ることをしていないとなかなか比較できない。大きいやすごいって程度問題なので主観で左右されるので極力定量化することが重要です。

C他と比べた結果、構成要素を体系化しておく。
体系的にできなくとも、自分なりに演繹的にまとめておくことだと考えてます。
これは私も現在修行中ですが、一度体系化(演繹化)しておくと比較スピードや、よい切り口をどんどんためていく事が可能です。

最近もお金を払ってある調査レポートを見たんですが、1ページを使って、ポーターのファイブフォースで現在の状況を当てはめ、現在は、業界は魅力的じゃありません。って書かれている
おいおいって感じです。
(会社でも分析しましたといってフレームワークや枠に当てはめただけのやつが一杯あってうんざりするけど)
フレームワークは前提としてどうやってそこに、その要素を入れたか、属性の前提が必要だし、そもそも何と比較しているのか(一応案に過去という時間軸と比較しているんだろうけど、過去っていっても広いしね〜)

分析する事ってとっても大事。最低限、分けて、何かと比較してほしいです。

今後も「分析」って気をつけて使っていきたいです。

ごっちゃん

分析とは、分ける、比べる、体系化する.jpg 



posted by ごっちゃん at 16:54| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

財務諸表が読めると楽しみ方が変わる??

ごっちゃんです。

最近、財務諸表を細かく分析するのにハマってます(笑)
一般の人には、頭おかしく映るかもしれませんが、経営をかじった方にはわかってもらえるはず。

最近は自分のサービスがローンチするので拡販のためお客様へサービスの紹介やニーズの再調査のため訪問します。
そこでやっているのが、財務諸表分析。

PL、BS、CSをみて、安全性、成長性、将来性などなどを様々な観点から分析します。
業界平均や、その業界のセグメント分けしてその中での比較などなど・・・・

特に面白いのが、BSに問題がある会社やこのまま行くとまずいですよって黄色信号の会社。

もちろんサービスの紹介で伺うのですが、雑談中にいろいろヒアリングして、仮説を柔らかくぶつけて、会っているかどうか検証する。

ビジネスパーソンにとって財務3表が細かい理解できている事は必須ですね。

これは必読です。私も本棚の一番前に常に置いてます(笑)



ではでは
posted by ごっちゃん at 08:43| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

ハーバードビジネスレビュー オープンゼミ 参加

こんにちは〜ごっちゃんです。

私の購読雑誌の一つにハーバードビジネスレビューという雑誌があります。
結構重たい本で、雑誌なのに読むのに骨が折れる。(笑)

大学院時代から、ハーバードビジネスレジューの勉強会を、出版元のダイヤモンド社と一緒にやっていて、本の感想やそれから考えられる課題感などをディスカッションできる場所です。
場所もダイヤモンド社本社の会議室を使うのできあいが入る(笑)
編集長にインタビューの裏話などが伺えたり、雑誌の意図などが聞けるので、とっても面白いです。

先日、2014年6月号を題材に、勉強会があり参加しました。
参加するのはこれに興味のある方をfacebookで募集し先日は30人近く集まったかな。
私は幹事団のひとりなので極力毎回参加しているのと、こういうのがないとなかなか雑誌全部を読まないので全部読むきっかけに使ってます。

6月号を題材に、最強の組織とは?とうことでディスカッションをしました。
ディスカッションをして得られた示唆をまとめると以下のチャートになる。

最強の組織の為のかかわり合い.jpg

@最強の組織=永続的に一定以上のパフォーマンスが出る組織が最強の組織
→単発で強い組織ではなく、常勝軍団を作ること
A組織構造=お互いがお互いにかかわり、層構造になることで、組織を強くする
→構造がシンプルだと時代の変化に追い付いていけない。層構造になることにより変化への耐震性がアップする
Bお互いがお互いにかかわることをどう作るかは、まずは、お互いを理解すること
→まずは他者がなにをやっているか理解してないと関われない
Cお互いを理解するのは、かなり細かい粒度で理解しないといけない
→どんなスキルがあって、どんな状況か
Dお互いを知ることにより、支援する環境が生まれる
→マネジメントが支援する環境を促進する
E環境を用意すれば、相互に良い影響がでてくる
→支援したり、創意工夫や勤勉な行動をとるようになる。

上記を仕組みに組み入れている。

結構IT業界は、専門性がそれぞれの分野で高く、プロジェクトで一緒に仕事をしていても、相互な関係性が薄い場合がしばしばある。
日本代表の事例で、マッサージ室でマッサージ師には、選手が愚痴や、本音が漏れやすく、それをマネジメント層にフィードバックしどういう状況下を細かく把握しているというのがある。
組織的にお互いの状況を理解するために様々な仕組みを作っている。
一般の会社では、上司が部下と飲みに行くけどそれが仕組みとして状況を知る仕組みへ落とされておらず、上司のみで管理している。これだと優秀な上司はいいけれどそうでないとダメになるよね〜

なかなか面白いディスカッションだった。私の組織でも属人的になっていて仕組化していかなければと強く思ういい機会だった。読んでるだけだとここまでわからない。良いフィードバックや示唆が他者からもらえるので勉強会や読書会ってよいと思います。

毎月開催なので今後も参加したい。




posted by ごっちゃん at 13:30| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

ビジネスモデル創造ワークショップ

ごっちゃんです。

先日「ビジネスモデル創造ワークショップ」に参加してきました。
主催者のトビ―さんは、国内MBAホルダーで、ビジネスにも精通している方
トビ―さんが、MBAで習得したフレームワークと、ビジネスモデルジェネレーションのフレームワークをミックスして、作った「Layered Business Modelモデル」を使ってワークをしました。
「Layered Business Modelモデル」は素晴らしく、経営戦略、マーケティング、アカウンティング、ファイナンスなどの要素も取り込みかつ、ビジュアル化していて直感的にわかりやすい。ビジネスモデルジェネレーションのフレームワークだけ見ると、MECE感や、戦略とアクションプランの繋がりが、???でした。
Layered Business Modelモデルは、それらを補完するツールが用意されていてトビ―さん曰く「通常のMBAとかで学ぶビジネスプラン立案をビジュアルかつ分かりやすく、短時間で作成できるツール」とのこと。

このツールのとてもいいところは、多くの人でワークできること。

これをもっと習熟して、会社や大学院で使ってみたいです。

ごっちゃん

37205_photo2.jpg
posted by ごっちゃん at 09:26| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

勝手にBusiness Model GeneraliStars 読書会&実践会

ごっちゃんです。

今日は4/29に開催された、勝手にBusiness Model GeneraliStars 読書会&実践会について書きます。

「勝手にBusiness Model GeneraliStars」コミュニティが主催する「未来のビジネスをデザインする読書会&実践会」です。
この会は、Business Model Generationという本にある、フレームワークを使いワイワイしながら、ある題材の企業のビジネスモデルを勝手に考えようというワークです。



参加した目的は、Business Model Generationの読書会で本の内容を理解し、使い方も理解すること
このワークを自ら行うときの参考にすること

でした。

午前は、パートに分けた読書会。
各グループで、章ごとに分けて読書。そのあと発表し、全体の理解を素早くできるよう設計してありました。

午後はワークとなっており、お題を元にBusiness Model Generationのフレームワークを元に、ビジネスモデルをワイワイしながら構築するというワークでした。
お題は「ソニーを勝手にコンサルして下さい」。8期連続7300億円の赤字のソニーに対して、「ソニーの強み」×「ソニーらしさ」を活かした新しいソニーブランドを確立するような、ビジネスモデルのアイデアを検討しました。

私のグループは、ソニーの強みって革新的な技術力を使ったライフスタイルのモデルチェンジができることが強みだと定義して、再度そういった製品を作り出そうとなりました。
(アップルは革新的技術ではなく、既存にある技術を使ってライフスタイルのモデルチェンジをしているので、革新的技術というところで競争優位を作り出すと考えました)

プロダクトは、AIBOのようなロボットを発展させて、家政婦+パートナーのようなロボットを作ること
商品名は「BetterHarf〜寂しいときに貴方のそばに〜」
一言でいうと家政婦ロボットです。
富裕層向けのサービスということで、いろいろと面白いアイデアがでてきました。
またCANVASやエンパシーマップといったフレームの使い方がよく理解できました。

CANVAS.JPG
エンパシーマップ.JPG

感想ですが、
本はとてもよく出いている。戦略やマーケティング、そしてデザイン思考を普段使っているコンサルや事業会社の人が作っているので、しっかりと実践向けの本になっている。

ただし、このフレームワークは、戦略やマーケティング、デザイン思考を理解していて、このフレームワークを実践で使うためにどういう考えでフレームを作っているかがわかる人でないと、実践では全く使えなさそう。
今回は初級編だったので、楽しくワイワイやりながら使い方を学ぶことが目的とされていましたので問題はなかったですが、これを実践で使うには、かなり使う側スキルが必要だと感じました。

もっと自分なりにこれを使いこなさないと、人には説明できなさそうだということがわかりました。

あとこういったワークで異業種の人とディスカッションできるのは、とても楽しかったです。

今後もぜひ参加して、CANVASなどのフレームを習熟していきたいですし、このワークを大学院や実際のビジネスインキュベーションで使えたら面白いと感じました。

まずは、もっと理解します。

全体.JPG

posted by ごっちゃん at 09:43| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

〜デザイン会社 株式会社コンピュータ・コントロール〜

ごっちゃんです。

今回はデザイン会社の紹介です。
株式会社コンピュータ・コントロール
http://www.computercontrol.jp/

私の弟が代表の会社で実は、私は株主の一人。

グラフィックデザインを中心に、webデザイン(ホームページ製作)・ロゴ・フライヤー・ポスター・パッケージ・チラシ・会社案内・パンフレット作成・販促ツール等の広告デザイン・各種印刷物などをトータルにプロデュースし、企画・制作している大阪・東京にあるグラフィックデザイン事務所です。

会社のコンセプトは、「デザインはスパイス」
「ほんとう」とは、当たりまえ過ぎて気づきにくい。そこに、わたしたちはデザインというスパイスを加えて多くの人々に「ほんとう」を伝えていくことをコンセプトとしています。

小さいデザイン会社としては、大手ケーブルテレビ会社のマスコットをプロデュースしたり、実力はそこそこ。

最近では、blueoverというレザー専門ブランドのデザインをプロデュースしています。
http://www.blueover.jp/
http://www.blueover.net/
http://www.facebook.com/blueover.jp

いままで、なかなかコラボレーションしたり、会社の成長に力になれなかったけど、株主として、またビジネスパートナーとして協力していきたいです。

ということで宣伝でした。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 19:09| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

そういえば、昔 IT PROに・・・

ごっちゃんです。

今日 【The Microsoft Conference Digital】の出演について書きましたが、そういえば、昔 
IT業界紙のIT PRO(http://itpro.nikkeibp.co.jp/index.html)に出演したことがあります。

そういえばその時も結構編集してもらって出した感じでした。

やっぱり編集の技術はすごいですね。

今回も何回か取り直してあの出来です(恥)

次回はもっとうまくなれるようビデオ撮影などのプレゼンテーションも勉強しよう!


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070329/266805/


ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 10:11| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。