2014年11月30日

SIer勉強会

ごっちゃんです。

今日は久々に私の所属業界するITの話。

怒濤の11月。この時期企業は来年度の予算取りが始まる時期で、実はITにとっては重要な時期。
この時期に提案して、来年度の予算に組み込んでもらいます。
ここで、早めからテーマや、技術的仕様をお客様に刷り込む事である程度勝敗が決まります。
ITではRFP(提案依頼書)をお客様が書いて、ベンダーを入札にかけることが一般的ですが、実際はこのRFPが出る前に半分勝負が決まっている。(笑)

なのでこの時期は、実際の今年の仕事と来年度の仕事の仕込みが両方ありとっても忙しいのです。

そんなIT業界を分析するべく、先週、グロービス経営大学院の在学生、卒業生のIT企業の中でもSI(システムインテグレーション)企業の人に集まってもらい、業界の勉強会をしました。

戦略の観点から現在のSIerがどのような戦略をとるべきかなどをディスカッションしました。

一つ面白いのが、SIer上場企業の売上規模と営業利益率の分布。
これは、BCGのフレームワークアドバンテージマトリクスでいうと特化型とV字型の間ぐらいになっている。
アドバンテージマトリクスとは→http://www.nsspirit-cashf.com/logical/advan_mat.html

今後はV字型が明確になるのではないかと想像している。3000億円を超えるぐらいから規模が聞きやすくなる(バックオフィス、研究開発などが薄まる)

まあ全体でほとんどの企業が営業利益率10%を超えていないという、利益率が低い業界ですね
ほとんどエンジニアは固定費なので、不景気が来てエンジニアの稼働率が下がると一気に赤字になりますね。
大手は、エンジニア派遣を多く使っていますが中小はキツイですね。

クラウド化や、システムの自動化、自立化。そしてamazonやgoogle,salesfoceなどのいままで競争相手でなかった企業がどんどん参入してきていること。
いろいろ議論しましたがやはりSIerは今後どんどん構造が変わっていくので、いかに会社として先手がとれるかが重要だというポイントでした。しかし大手の日本資本のSIerは重厚長大な大手グループ企業に所属している企業がほとんどで、大手は変わりにくくこれからプレーヤーが変わっていくのではないかと考えています。

もう少し深堀していきたいですね。

ごっちゃん

SI業界のアドバンテージマトリクス.jpg
posted by ごっちゃん at 09:32| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

JBCC(日本ビジネススクールケースコンペティション)優勝おめでとうと1年間

ごっちゃんです。 

梅雨開けちゃいましたね〜先日は、出張で名古屋に行ったのですが、暑いこと暑いこと・・・
今週は、なんかいろいろな区切りが来て、去年目標に立てた事が1週した感じ。

7月20日に行われた、JBCC(日本ビジネススクールケースコンペティション)日本MBAの甲子園?的な大会で、我が母校のグロービス経営大学院が優勝しました〜〜〜

http://jbcc.jimdo.com/

昨年我々は惜しくも準優勝、その志を次いで、今年は優勝を果たしてくれました。
このケースコンペは、企業再生をテーマに実際のモデルケースをといて、最後役員プレゼンをするというストーリー。150校近くエントリーします。
で決勝には9チーム残り、決勝チームには、コンサル会社、経営共創基盤のCEOの冨山さんや、慶応義塾大学教授の許斐さんや、ハーバードビジネスレビューの編集長、岩佐さん などその他有名な実務家に審査及びアドバイスをもらえるのが特徴

去年準優勝のときは、悔しさ一杯で、次の事を1年以内にマスターしようと考えた
@事業分析を実際のコンサルティングができるレベルまで理解する。
A新戦略立案で、自分なりの定石を確立し、実践で使ってみる。

@については、ケースコンペではとても優秀なメンバーがいたので、その人に担当してもらったが、自分でも同じレベルにならないとと思い、学び、実際、あとで経営共創基盤のCEOの冨山さんが行う2日間の特別授業があって、そこで及第点をいただいた。

Aについては、我々が優勝できなかった最大の敗因でかつ自分が担当していたのが新戦略。まずは新戦略とは何かからスタートし、十数冊の本を読み理論を体系化。そして、現在自分が行っているサービス企画で使っている状況。
自分なりの理論は体系化できて、ある程度こうすればいいっていうのは確立したが、実際業務で使うとなかなかうまく行かない。(プランは良いけど、インプリはやっぱりプラン通りには行かず、PDCAをガンガンまわすしかない・・・あとはガッツリ使うと会社の人はついて来れないので、うまくカスタマイズしながら使うしかないのだが、これがなかなか難しい)
でも実践で使っていき、もっとブラッシュアップしていけると思っている。

1年間あっという間に過ぎたけど、目標については大体達成しているし、次の新たな目標を立てないとな〜と感じてます。

大学院も卒業したので、統計学、経済学を仕事で使えるレベルにこの1年でしていきたいな。

ごっちゃん

posted by ごっちゃん at 09:33| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

JBCC 2014 今年も熱い夏でした〜

ごっちゃんです。熱い夏がはじまりましたね〜

私は夏は大好きです。なぜなら昔から夏は夏だけの特別な過ごし方があるからです。

去年は、JBCC(ジャパンビジネススクールケースコンペティション)国内MBAの甲子園に没頭してました。
今年も7月20日開催され、後輩たちの活躍を見に決勝戦に見学に行ってきました。

http://jbcc.jimdo.com/

去年は残念ながら私のチームは準優勝。
絶対優勝だと思ってたし、プレゼンした後は、絶対優勝だと思ってた(笑)
なのでめちゃくちゃ悔しかったな〜

毎年レベル感が上がっており、今年もハイレベルな戦いになった。

そしてその中でなんと、私の後輩たちのグロービス経営大学院が優勝を飾りました〜
すばらし〜〜

JBCCに向けて、後輩たちの勉強会などにゲストで参加して、考え方のレクチャーをしていたので自分ごとのようにうれしい。
そしてちょっぴり羨ましい

実は私は、別の大学院が優勝だと思っていた。(ごめんなさい)

ケースの内容は、企業再生のケース。しかも今年は中規模の小中学生向け 「塾」市場が題材。

優勝だなと思っていたチームは、分析を重ね、あえて勝負に出たチームだった。
分析が緻密で、現実的かつ固い戦略も取れたんですが、あえて、これからの「塾」っていう企業はこうあるべきだ!!
と提案してくれた。(これは私たちも一緒だった。)

しかし、優勝は、手堅いかつ実現可能性が高い、グロービスのチームが優勝を飾った。
地に足のついた現実的でかつ「塾」の実態をよく理解した提案であった。
ただし、網羅的な分析は若干甘く感じ、分析の粒度も今一つだったが、うち手はどれも手堅く、実現可能性がとても高かった。
実現可能性に徹底的に拘ったんだなと感じました。
サービス業としての塾をリアル感をもってイメージしていたのが勝因だったのと、中小企業でしかも、潰れかけている企業を再生するには、やはり手堅い戦略が重要だろう。

私が優勝だなと思ったチームは、緻密な分析から、現実路線も取れただろうに、あえて勝負に出たというか、そういう経営の意思が感じられた。

今回もいろいろ勉強をさせてもらった。

今年参加したチームとまた勉強会したいですね。

ごっちゃん。
posted by ごっちゃん at 13:06| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

〜タイムマネジメント勉強会〜

ごっちゃんです。

仕事は相変わらず多忙で、サービスのローンチが決まったので、お客さん周りをしていて、せっかくのMBA理論を企画で使うというよりはがっつり営業活動しております。(もちろん来年に向け企画もしなきゃなんないので少しはしてますが・・・)

さてさて昨日、大学院の同級生なかでもとびきり優秀な学友が、後輩のために[タイムマネジメント]の勉強会をやるというので参加してきました。

趣旨はMBAを仕事をしながら取得するには、どうやって時間管理をするのがいいかという勉強会。
ポイントは、
タイムマネジメントは何をマネジメントするのかをしっかり定義すること
実は時間を管理するのではなく、ゴールに対するプロセスをマネジメントするために時間を管理するんですよね。目的は時間を管理することではない。そして次のアクションを行う
@捨てる・・・スコープを定義
A他人を頼る・・・役割分担
B自分を追い込む・・・環境整備

やってることはプロジェクトマネジメントと一緒。でも自分ごととなるとなかなか甘さが出て難しいですよね。これらを支える前提は、[自分の学習に対する姿勢を客観的に把握すること]です。
これをしっかりしなければ、どんなにやっても間違った手法をとってします。

己を知り相手(対象)を知れば百戦危うからずってことでしょうか。
タイムマネジメント難しいですね(笑)

ごっちゃん

勉強時間を捻出するタイムマネジメントとは.jpg









posted by ごっちゃん at 19:50| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

JBCC2014 今年も熱い夏・・・

ごっちゃんです。

今年も日本のMBAの甲子園 JBCC(Japan Business School Case Conpetition)がありますね。
本日予選エントリーが締め切られました

私は今年卒業したのでもちろん出席できません (〃ρ∩°`)ウゥ…

去年の今頃はめちゃくちゃ燃えていたな〜と思い出されます。
絶対優勝だと思い、戦略やマーケティング、ファイナンス、アカウンティングなどを総点検し、事業の見方や社長としての判断基準はどうか、事業の見方はどうか
などMBAの授業ではなかなか習わない事まで、しっかり勉強したな〜と

結局、準優勝で、めちゃくちゃ悔しい思い出でしたが、
今年は後輩達が優勝する事を祈ってます。

私も負けないよう、努力しなければ。

http://jbcc.jimdo.com/
posted by ごっちゃん at 01:29| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

MBAの効用〜MBAホルダーに聞く

こんにちは〜 ごっちゃんです。

前回の投稿でMBAで得たものについて書いたのですが、
MBAって仕事上で役に立つのか?という質問をいただきました。

MBAの仕事に置ける効用ってなんだろうな〜と

私にとっては、ずばり「OSのバージョンアップ」
経営者、リーダーに必要な多様性、倫理、価値観に触れ、osをバージョンアップさせることです。

もちろん周りのアプリケーション(様々な科目)もレベルアップしているのですが、一番はビジネスの基礎であるOSのバージョンアップかな。

だから実際は、周りから見るとそんなに変わんない(WindowsXPもWindows7も使う分にはそんなに差異はないでしょ(笑))
だから僕もそんなに見た目はかわんない(笑)

アプリケーションは、個人で勉強したりすれば、いくらでもバージョンアップできるが、OSはなかなかできない。特殊な環境に濃密な時間をかけて叩き込まれないとなかなか変化しない。しかも人間のOSはすぐに、でグレードするので、困ったもんですよね。

これからももっと鍛え続けないとすぐデグレードしてもとのバージョンに戻ってしまうので、しっかり次のバージョンアップ目指して頑張りたいです。(笑)

脳科学者の茂木健一郎さんが、おっしゃってました。アウトプット、インプット両方重要。
アウトプットのレベルを上げようと思ったら、よいインプットが必要。よいインプットがなければ、よいアウトプットは生まれない。

今後もよいインプットをして、仕事でアウトプットを出して活きたい。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 04:00| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

MBAホルダーとなりました(´∂∀∂`*)ドヤァ

こんにちは〜 ごっちゃんです。

昨日、グロービス経営大学院の卒業式があり、MBAホルダーとなりました。

2年間かなりの時間を費やしたので、正直ホッとしてます。

これで通常の忙しさに戻るので、ブログももうちょっとまめに更新しようかな〜

卒業式はガウンを来て、お世話になった方々へ感謝の挨拶周り。

アカデミックガウンを着て、例の帽子をかぶって、帽子を投げる。
これぞMBAって感じ(笑)

これほでほんの数センチ、世界で活躍出来るようになったかな。まあこれからの成果次第ですね。活かすも殺すも・・・

MBAで得た物は何?と聞かれるとたくさんあるんですが、一番得た物は、
【内なる自分】
ですかね。

もちろん、様々な科目を学ぶのでそれぞれの知識は得たのですが、一番は自分。
強み、弱み、好き、嫌い、苦手、得意、それがかなり明確になりました。

これを糧に次のステップへ進みます。

支えてくれた家族に感謝
教授陣、学校関係者の方々に感謝
学友に感謝
そして、その他の応援してくれた皆さんに感謝

10300879_10152440581072177_1425137963474076009_n.jpg
posted by ごっちゃん at 22:42| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。