2016年03月27日

読書007~インサイドアウト

システム構築業界、いわゆるシステムインテグレーション業界を題材にした小説や、物語は非常に少ないのですが、今日はそれを題材にした本です。

【インサイドアウト〜利益を2倍にした事業再生の2年10ヶ月】
土岐 勝司(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



ザ・ゴールと同じような小説風な形式。舞台は中部のシステム開発会社の再生について描かれています。

成熟したシステム業界をどのように再生したか、特に人について注視人に描かれていて面白いです。
システム業界のあるある話もありつつ、それをどうやって解決していくかは、結構痛快に読めました。

ただ、戦略面の稚拙さや、時代が若干古い分参考にならないこともあり、その点は私には若干会いませんでした。

システム業界の若手には読んでほしい一冊ですね。
posted by ごっちゃん at 09:25| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。