2015年10月16日

読書044~BtoBのためのマーケティングオートメーション正しい選び方・使い方

ごっちゃんです。

だいぶ涼しくなってきましたね。
読書の秋楽しんでます。

さて今日はマーケティングオートメーション第二弾

【BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方
 日本企業のマーケティングと営業を考える】
庭山 一郎(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




BtoBのマーケティングオートメーション(以下MA )を入れるためには、どのようなことをしないといけないのかと、そのためのツールってどんな種類があるかをまとめたものになってます

よく整理されていてとてもわかりやすいです。

特にMAやSFAの歴史、日米の違いなど、分けて考えるべきことをしっかり分けて考えていますし、マーケティングの基本ができてないとツールを使っても意味がないと言っていることも共感できます。

BtoB市場において、マーケティングの戦略からオペレーションまで設計できる人はもともとほとんどいなくて、そういう会社がMAをいれても多分役にたないでしょう。

今後は、マーケティング戦略〜CRMをきっちり設計できてPDCAを回せる会社がBtoB市場でも買っていくと思いますが、人材開発が必要ですね。

でも私がやっていた時はほぼ自動化が無理でエクセルと格闘していたんですが、便利になりましたね。

マーケティング戦略とCRM、セールスプロセスを策定して、KPIを設定したけどなかなかKPIのための元データが取れず苦労した時代は終わりましたね。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。