2015年10月03日

読書042~すべての組織は変えられる

ごっちゃんです。
最近本を執筆しているのですが、本を作るのは大変ですね。
今まで散々批判してきましたが、本を作る営み自体を経験されているっていうのはとっても尊敬してます

さて今日も人事系の本です

【すべての組織は変えられる】
麻野 耕司 (著)(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




著者は、リンクアンドモチベーションの麻野氏。
本は、実際の組織の闇(問題点)をつき、その問題をどうやって解決したか、実際の実例が書かれてあります。

組織論としては、当たり前のことばかりですが、事例とともに乗っているのはとってもわかりやすい。
世の中組織論を見ると、経営の一番の肝は、人事と組織作りって書いてある。(GEの元CEOジャックウェルチもいってますもんね)

いっぱいそう書いてあっても実際の現場は、人事より短期的成果、オペレーションが重要視されていて、人事は二の次の会社が沢山ある(そういった会社は、長期的な業績はイマイチな会社も多いが)
私は人を大事にする派で、所属している業界もITなんで結局会社は人が作るんでいい人を作らないとと思ってます

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 10:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。