2015年04月12日

読書024〜スマートイノベーション〜

こんにちは。後藤です。
今日は先日お知り合いになったナカニシ先生の本のご紹介です。

【スアートデータ・イノベーション】
中西 崇文(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆



若干贔屓目な?(笑)
著者は、データサイエンティストで国際大学の准教授の方です。
本の内容はビックデータの概念をわかりやすく説明して、 後段では、事例をもとにビックデータがビジネスをどのように変えていっているかを言っています。

この本は解析方法やビックデータの技術的な方法については全く書いておらず、ビジネスを特に消費者やビジネスマンにとってわかりやすく読める内容になっています。
コンテクストクリエーションなど新しい概念は学びになりました。
私のとってはもう少しアカデミックに書いても良かったんじゃないかな〜と思いました。ご本人はこの本の簡単さとは思えないほどこの分野に造詣が深い方です。なのでもう少しアカデミックな感じを期待してしましました(笑)
ビックデータとかって結局どんなビジネスに適用できるの?それで何が変わるの?を思っている方は是非見てみると良いと思います。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:52| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。