2015年04月09日

読書023〜実践IT戦略論〜

こんにちは。後藤です。
自称IT業界研究家。IT業界の書籍は一通り目を通すことを目標としてます。
今回の本は、調査がしっかりしているだけに、期待値が高かったのですが、本としては残念な結果でした。

【実践IT戦略論】
淀川 高喜 (著)

【おすすめ度】
★★☆☆☆



著者の淀川さんは野村総合研究所出身で、早稲田MBA生です。
はっきり言うと前半は、MBAのフレームワークを紹介しているだけ。ターゲットが一般の人だと前提条件を合わせないと通じないので書いたのだろうか。私にとっては使い慣れたものなので読み飛ばしって感じでした(笑)

また約600社へのアンケート調査や、しまむら、ウォルマート、コマツ、パナソニックなどの事例から戦略のあり方を「整理」している。
調査がしっかりしている点はとても優れている。
しかし調査して整理しているだけで、全くと言っていいほど分析ができていないのが勿体ない。

これだけのファクトがあれば、分析して新たな示唆が出せると思います。
MBAの論文では示唆を書いているが、本では編集されてしまったのかな?論文は見てみたい気がします。

調査はしっかりされているので、この時期のデータをフレームワークに当てはめて現状把握するには良い本だと思います。
これぐらいの調査資料は、IT業界にいる人は常識として持っていて欲しいので、流し読み程度で見ておいて欲しいです。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 13:19| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。