2015年03月18日

読書019~ハーバードビジネスレビュー IoTの衝撃

こんにちは。ごっちゃんです。

最近IoTのサービスを提供しているので、これはと思い読みました。
ハーバードビジネスレビューは定期購読しているのですが、結構読むのが大変。
書いてある内容が濃い!!

今回は少し専門的です

【Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2015年 04 月号】
ダイヤモンド社 (著)

【おすすめ度】
★★☆☆☆



IoTは物にセンサーをつけてインターネット上にデータを流せるようになり、様々なデータを解析できるようになることを言います。

この雑誌で特に面白かったのが、IoT時代の競争戦略というお題でポーター氏らで書かれている部分である
IT業界にはバズワード(流行り言葉)が多く、実際に世の中を変えるほどのことはあまりない。

私が考えているのは、そのバズワードが、イノベーションを起こせるかどうか。
具体的に言うと、
・プロダクトイノベーション
・プロセスイノベーション
・マーケットイノベーション
・ビジネスモデルイノベーション
※ここではそれぞれのイノベーションは説明を省きます。また破壊的、持続的という観点も別途どこかでトピックとして扱います。

が起こるかどうかです。

クラウドは、確実にビジネスモデルイノベーションだと思ってます。
ビジネスモデルは様々概念がありますが、
・収益モデル
・競争優位性
・バリューチェーン
これが変化しているのでビジネスモデルイノベーションになりうると思ってます。

さてIoTはどうか。
まだまだ、イノベーションであると言えるほど、導入が進んでいないのが実態です。
しかし本書では、競争優位が変化することが書かれています。そしてプレーヤー(バリューチェーン)も大きく変わってくると。
大手企業のGEはソフトウェア会社を設立しほとんどの事業でソフトウェアがキーになると言っています。
イイノベーションの可能性が十分ありますね。

イノベーションだろうとなかろうと、マクロ的にこの変化をとらえて、時代に先駆けて仕掛けるプレーヤーが勝ち抜けると思います。

私もこの波をしっかり掴んでいきたいと思ってます。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 12:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。