2015年02月27日

読書014〜会社を変える分析の力〜

最近はビックデータは、幻滅期に入ったんでしょうか。徐々にブームが去りつつありますね。でも実際は、今後データ分析力は企業の力の源になると思ってます。
さてさて、今日はそんな中、同じ業界でデータ分析のすぐれた人物の本を薦められたので紹介します

【会社を変える分析の力 】
河本 薫 (著)

【おすすめ度】
★★☆☆☆





著者は、大阪ガス出身で、アメリカでエネルギーの消費などのデータ分析研究しており、博士号を取得。現在はオージス総研という会社でデータ分析のビジネス支援をしている方です。

本の内容は、
1.問題発見力(課題や仮説を見つける力)
2.分析力(問題を解いて解を得る力)
3.実行力(解を実行し、ビジネス上の価値を生み出す力)
が大切と言っています。
分析だけしても意味がなく意思決定しなければデータ分析をしても意味がないとのこと

言っていることは最もですね。

実際データ分析は歴史が古く、実は昔から意思決定支援できないと意味がないというのは通説なので当たり前のことを言っているにすぎない。

また最近ビックデータと言われるが、実はビックなデータって世の中は結構少ない。数ペタバイト級のデータを持っているのは世の中あまり無い。ビックデータていうのは、データは小さいけど、全体のデータが簡単に手に入るようになってきたこと
またそのデータのメッシュが細かく取れるようになってきたことが変わってきたと思います。

あと分析するIT側もかなり安く、早くなってきた。

この本でとても良い示唆は、
「因果関係の探求から相関関係の探求へ変わる」ことです。
いままではデータの一部がわかっているので全体の因果関係を探求し、結論を推測するのがデータ分析だったけど、全体のデータを簡単に取得できるので、相関関係がある結論は何かを探求することに変わってきている。

まだまだ世の中分析がちゃんとできる人が少ないので(そもそもデータ分析とはをわかっている人が少ない)この本は、事例も小説風で読みやすいので、データ分析を知らない初心者にはオススメです。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 09:23| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。