2014年10月10日

読書026~ 外資系金融のExcel作成術


ごっちゃんです。

台風も過ぎ去ってそろそろ秋っぽくなってきましたね。
何より街中が秋一色になってますね

さてさて
今日は、私がその昔とっても苦手だった分野の本です。

【外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方 】
〜慎泰俊(著) 〜
【おすすめ度】
★★★☆☆




大学院に入るまでエクセルがとっても苦手でした。パワーポイントは毎日使っているので、お手の物ですが、エクセルは、サービス企画をするまでは、ほとんど触っておらずはっきり言ってレベル1でした。

大学院では、財務三表や、投資シュミレーション、M&Aなど様々な分析をトレーニングした結果、
人様に見せれるぐらいのエクセルワークはできるようになりました。

現在は、マクロやピボットテーブルを使いこなすことができるようになりました。

そんな中読んだ本です。
MBAや財務分析する人は必読書ですね。

見やすく且つ短時間にどうやってモデルを作るのかが書いてあります。

内容はそんなにむずかしくないですが、いかに見やすく作るかという点では参考になります。
私もどちらかというと、自分の手元で計算するといった感じだったのでexelが結構汚いし、ルール化されていなかった。今後は参考にしてしっかりルール化したいですね。

今後は、VBAとか使えるようになりたいと思っていて、Excelでの分析術もっと極めていきたいです。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:13| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。