2014年09月26日

読書021〜なぜローカル経済から日本はよみがえるのか〜GとLの経済成長戦略

ごっちゃんです。

9月も上期末でバタバタしているサラリーマンの方多いのではないでしょうか。
さて今日もほんの紹介

【なぜローカル経済から日本は甦るのか】
〜冨山 和彦(著)〜
【おすすめ度】
★★★★☆



なんかここ数ヶ月はよい本に巡り会えている(笑)

この本では、日本は、グローバル企業とローカル企業2つの大きな経済で分かれていて
日本の7割以上はローカル企業の集まりだと言っている。
グローバル企業はそれこそオリンピック競技で、世界一を決める大会。
ローカル企業は地域のみが出場できる大会
それぞれエコノミクスが違うとデータとともに示唆されている。

大学院でもクラスをとらせていただいて冨山さんの論理はいつも明快で素晴らしい。

世の中メディア大半が、1部上場のグローバル企業について語られる
実は国民の大半が、中小のローカル企業に属していて、そこは違う力学が働いているのは以前から感じていた。

ただ難しいのが、同じ業界でもグローバル企業とローカル企業が混在している所もある。
私が所属しているIT業界も一部はグローバルで勝負しないとだめだが、一部はローカルといった事となっている。
しっかりそれぞれのエコノミクスを理解して戦略を立てないと行けないのでここはじっくり検証する必要がある。

事業戦略を考える際は、市場や業界といったメッシュの他にグローバルとローカルといったメッシュでも考えないといけないですね。

新たな示唆でとても参考になりました。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:24| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。