2014年07月26日

JBCC(日本ビジネススクールケースコンペティション)優勝おめでとうと1年間

ごっちゃんです。 

梅雨開けちゃいましたね〜先日は、出張で名古屋に行ったのですが、暑いこと暑いこと・・・
今週は、なんかいろいろな区切りが来て、去年目標に立てた事が1週した感じ。

7月20日に行われた、JBCC(日本ビジネススクールケースコンペティション)日本MBAの甲子園?的な大会で、我が母校のグロービス経営大学院が優勝しました〜〜〜

http://jbcc.jimdo.com/

昨年我々は惜しくも準優勝、その志を次いで、今年は優勝を果たしてくれました。
このケースコンペは、企業再生をテーマに実際のモデルケースをといて、最後役員プレゼンをするというストーリー。150校近くエントリーします。
で決勝には9チーム残り、決勝チームには、コンサル会社、経営共創基盤のCEOの冨山さんや、慶応義塾大学教授の許斐さんや、ハーバードビジネスレビューの編集長、岩佐さん などその他有名な実務家に審査及びアドバイスをもらえるのが特徴

去年準優勝のときは、悔しさ一杯で、次の事を1年以内にマスターしようと考えた
@事業分析を実際のコンサルティングができるレベルまで理解する。
A新戦略立案で、自分なりの定石を確立し、実践で使ってみる。

@については、ケースコンペではとても優秀なメンバーがいたので、その人に担当してもらったが、自分でも同じレベルにならないとと思い、学び、実際、あとで経営共創基盤のCEOの冨山さんが行う2日間の特別授業があって、そこで及第点をいただいた。

Aについては、我々が優勝できなかった最大の敗因でかつ自分が担当していたのが新戦略。まずは新戦略とは何かからスタートし、十数冊の本を読み理論を体系化。そして、現在自分が行っているサービス企画で使っている状況。
自分なりの理論は体系化できて、ある程度こうすればいいっていうのは確立したが、実際業務で使うとなかなかうまく行かない。(プランは良いけど、インプリはやっぱりプラン通りには行かず、PDCAをガンガンまわすしかない・・・あとはガッツリ使うと会社の人はついて来れないので、うまくカスタマイズしながら使うしかないのだが、これがなかなか難しい)
でも実践で使っていき、もっとブラッシュアップしていけると思っている。

1年間あっという間に過ぎたけど、目標については大体達成しているし、次の新たな目標を立てないとな〜と感じてます。

大学院も卒業したので、統計学、経済学を仕事で使えるレベルにこの1年でしていきたいな。

ごっちゃん

posted by ごっちゃん at 09:33| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。