2011年06月04日

グロービス・マーケティング・経営基礎DAY1A

ごっちゃんです。

前回のグロービスの受けている授業、マーケティング・経営戦略基礎のつづきです。

第一回目の授業は、家具のニトリと大塚家具を比較して、5F分析と3C分析を使って企業戦略を学びます。

5F分析では、業界が魅力的かどうか、を考察しました。
次に3C分析です。
3C分析とは
------------------------------------------------------------------------------------------
外部環境の市場と競合の分析からKSF(成功要因)を見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。
市場と競合の分析から導かれる、その事業でのKSF(成功要因)に対し、自社の分析からKSFとのギャップを見つけてアクションを導き出すためような形で用いられます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
とのこと

まあ難しく書いているのですが、3C分析を使って市場分析 競合分析、自社分析をしてKSFを導き出すことが重要です。

3C分析は、会社でもよく使ってましたが、使い方がよくわかってませんでした。
ただフレームワークに当てはめて、どこが弱いとか議論しているだけでした。

3C分析をするために、いろいろな切り口で判断することを学びました。
これは明日からすぐ使えるいい学びでした。

この第一回目の授業の大きな成果は、【戦略】という定義が学べてこと。

いままで○○戦略、とか結構いい加減に【戦略】ということばを多用していたが、それは、【アクション(戦術)】でしかないことがわかりました。

今後は、【戦略】という定義を意識してしっかり使っていきたいです。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 07:46| Comment(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。