2016年04月23日

読書010~選択と捨象

企業再生の第一人者である経営共創基盤のCEO冨山和彦氏の本です。

【選択と捨象 「会社の寿命10年」時代の企業進化論】
冨山和彦 (著)

【おすすめ度】
★★★★☆



冨山さんは大学院の企業再生のクラスでも授業を受けたことがあります。本の内容は、カネボウやダイエー、JALについての再生について、選択して捨てることがいかに大事かという視点で書かれてあります。
大学院の授業でもここら辺は習いますが、本でここまで書いてしまうのか〜というのが実際の感想です。

特に、会社としても、個人としても「あれか、これか」を選択するのは重要だと感じました。どうしても「あれも、これも」や「二つを追おう」となるがやはり捨てることが大事だと思いました。
日本の企業や個人は捨てることができないので、ぜひ日本のビジネスマンには読んでほしい本だと思います。
posted by ごっちゃん at 14:35| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

009読書~99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

世の中、クリティカルシンキングや、ロジカルシンイング、はたまた仮説思考とか流行ってますよね。そもそも仮説ってなんだろう。どうして仮説なのに納得するのだろうと思っているところで読んでみた本です。

【99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方】
土岐 勝司(著)

【おすすめ度】
★★★★☆



仮説と真実を混同してはいけないと思う本でした。

人間は、基本的に仮説を持って実証をして正しいだろうとアプローチして進化してきたと思っております。
例えば、元素記号はこういう風にあるだろうと仮説を置いて、実験をして確かめる。そして事象と仮説の因果関係が示せれば、初めて事実となる。これの繰り返しで、人間の科学や物理は進化してきました。

世の中はほとんどが仮説で、因果関係が正しいかどうかまで立証されていないものもあるし、また仮説が周知されれば、事実となってすり替わってしまうこともしばしはある。それを覆すためには、新たな仮説を出さなくてはいけない。
事象だけだと例外扱いされるので、新たな仮説がいかに重要かがよく理解できました。

また結局仮説でしかないので、世の中絶対は少ないと感じられる本です。

科学的なアプローチが弱いのがちょっと残念でしが、良い本だと思いました。





posted by ごっちゃん at 12:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

読書008〜人工知能は人間を超えるか

最近AIがまたブームですね。そんなブーム感がどんなものかがよくわかる本の紹介です。

【人工知能は人間を超えるか】
松尾 豊 (著)

【おすすめ度】
★★★★☆



人工知能のジャンル(機械学習やニューラルネットワークなど)のそもそもAIってどういうものかをわかりやすく書いてあり、それぞれ過去のブームはどんな技術要素であったかが書かれてあり初心者にわかりやすくなっています。

また現在の技術面の課題が書かれていて、研究者の間でも今後の発展スピードや発展方法が違っていることもよく理解できる本です。

技術要素についても触りが書いてあり、AIについて技術的に疎い人にもしっかりと技術について指南してくれるところが良書だと感じました。

今後は、AIはブームが到来すると思いますが、是非どんな技術を使っているのかぐらいは、知った上で議論したいですね。








posted by ごっちゃん at 18:19| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。