2015年10月31日

読書047~Web分析の教科書

ごっちゃんです。

最近だんだん寒くなってきましたね。寒いとベットからでれないので、朝の勉強時間捻出に苦労する時期ですね。

さてさて今回は連続でweb解析な本の紹介。

【サイトの改善と目標達成のための Web分析の教科書】
日本Web協会(JWA)(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




前回のweb解析入門と違って、この本は初心者向けのテクニック編ですね。
アクセス解析を用いた分析や、リサーチ、ユーザビリティテスト、アドなどの
Web解析に必要な要素が網羅的に書かれてあります。

広く浅くweb解析は何をしないといけないかを知りたい人にはもってこいの教科書ですね。

前回あげたweb解析入門とこの本があれば、初歩はクリアできますね。

後藤
posted by ごっちゃん at 23:35| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

読書046~Web解析入門

ごっちゃんです。

読書の秋とはよく言ったものですね。この時期は面白そうな本がいっぱい出版されるので、どうも目移りする。ぐっと我慢して、ジャンルを絞って読まないとインプットが定着しないので、気をつけてます

さて今日は、仕事とも絡むwebの本。

【繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」
 〜Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践】

江尻 俊章(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




江尻さんはweb解析の第一人者。その方がweb解析の基本を書かれた本です。
よくできていて面白いですね
web解析の技術面ではなくweb解析をどうしたら事業に生かせるかを中心に書いています。テクニックによってないところが良いところで、また事例も幾つか載ってあります

web解析を事業で使うには?って観点で読むととっても参考になる本でした

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

読書045~IT人材再生戦略

ごっちゃんです。

下期も始まり、年末に向けて徐々にスパートって感じですかね。
現在、書籍執筆中で1月に販売になりそうなので私もスパートって感じです。

さてさて今日はIT業界の本です。

【IT人材再生戦略 企業を支える「幸せなSE」】
淀川 高喜 (著)

【おすすめ度】
★★★★☆



2009年にこんな良い本が出ていたんですね。
マクロや定量分析から、SI業界の構造を指摘してます。そしてその状況からどのような再生戦略があるかが書いてあります。
コンサル的アプローチなので若干打ち手部分が曖昧ですが、それでも2009年時点でこの分析はとてもまっとうを得ています。
業界構造を指摘していますが、その構造の中でどのように改革していくかが書かれていて、この構造を大きく変える視点が少ないのは、2009年だからでしょうか。

とはいえ、とても参考になる一冊です。

SI業界の構造を捉えるには必読ですね。

ごっちゃん


posted by ごっちゃん at 23:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

読書044~BtoBのためのマーケティングオートメーション正しい選び方・使い方

ごっちゃんです。

だいぶ涼しくなってきましたね。
読書の秋楽しんでます。

さて今日はマーケティングオートメーション第二弾

【BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方
 日本企業のマーケティングと営業を考える】
庭山 一郎(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




BtoBのマーケティングオートメーション(以下MA )を入れるためには、どのようなことをしないといけないのかと、そのためのツールってどんな種類があるかをまとめたものになってます

よく整理されていてとてもわかりやすいです。

特にMAやSFAの歴史、日米の違いなど、分けて考えるべきことをしっかり分けて考えていますし、マーケティングの基本ができてないとツールを使っても意味がないと言っていることも共感できます。

BtoB市場において、マーケティングの戦略からオペレーションまで設計できる人はもともとほとんどいなくて、そういう会社がMAをいれても多分役にたないでしょう。

今後は、マーケティング戦略〜CRMをきっちり設計できてPDCAを回せる会社がBtoB市場でも買っていくと思いますが、人材開発が必要ですね。

でも私がやっていた時はほぼ自動化が無理でエクセルと格闘していたんですが、便利になりましたね。

マーケティング戦略とCRM、セールスプロセスを策定して、KPIを設定したけどなかなかKPIのための元データが取れず苦労した時代は終わりましたね。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 08:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

読書043~マーケティングオートメーション入門

ごっちゃんです。

最近人事系のインプットばかりしていたので、違った本が読みたくなりました。
今現在流行のマーケティングオートメーションについての本です。

【マーケティングオートメーション入門】
電通イーマーケティングワン(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




マーケティングオートメーション(MA)について、初歩的なことが書いてあります。
リードジェネレーションからリードクオリフィケーションの方法について、MAのシステムを意識ししながら解説していて、わかりやすいです。

前職でクラウドサービスの企画・マーケをしていたので、やっていることについては、特に目新しくはありませんでした。
もう少しデマンドクリエーションとのつながりや、営業側にリードを渡した後に、戻ってきたり、リードナーチャリングの具体的やり方について記載してあったらよかったのにな。
でも、私がやっていた時は、エクセルとヒアリングでチマチマやっていて、データが取れずにかなり苦労していたんですが、MAってそれがすごく簡単になった感じです。

入門編としては、いいと思います

ごっちゃん

posted by ごっちゃん at 08:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

読書042~すべての組織は変えられる

ごっちゃんです。
最近本を執筆しているのですが、本を作るのは大変ですね。
今まで散々批判してきましたが、本を作る営み自体を経験されているっていうのはとっても尊敬してます

さて今日も人事系の本です

【すべての組織は変えられる】
麻野 耕司 (著)(著)

【おすすめ度】
★★★☆☆




著者は、リンクアンドモチベーションの麻野氏。
本は、実際の組織の闇(問題点)をつき、その問題をどうやって解決したか、実際の実例が書かれてあります。

組織論としては、当たり前のことばかりですが、事例とともに乗っているのはとってもわかりやすい。
世の中組織論を見ると、経営の一番の肝は、人事と組織作りって書いてある。(GEの元CEOジャックウェルチもいってますもんね)

いっぱいそう書いてあっても実際の現場は、人事より短期的成果、オペレーションが重要視されていて、人事は二の次の会社が沢山ある(そういった会社は、長期的な業績はイマイチな会社も多いが)
私は人を大事にする派で、所属している業界もITなんで結局会社は人が作るんでいい人を作らないとと思ってます

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 10:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。