2015年02月06日

読書010〜嫌われる勇気〜

ごっちゃんです。

久しぶりに流行りの本の紹介。
心理学はかなり最近勉強してます。
特に行動心理学系なんです。今回は少し違って心理学の王道のアドラーさんです。

【嫌われる勇気ー自己啓発の源流「アドラー」の教え】
〜岸見 一郎(著), 古賀 史健(著)〜

【おすすめ度】
★★★☆☆



正直な感想は、読みやすくかつわかりやすく書かれてあるな〜という感じですね。
あとは題名がかなり内容と乖離があるのでは・・・キャッチーな題名だとは思うのですが・・・

アドラー心理学をわかりやすく書いて有ります。
特に共感できるのは、
「他人に好かれようが嫌われようが、それは他人が決めることである。自分自身が選ぶライフスタイルに勇気を持て。」
嫌われることそのものに勇気を持つのではなく、自分自身が選ぶ自身のあり方に勇気を持つ。ということ。
これを呼んで、「フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方」という本があるのですが、その本を思い出しました。
態度を選択することによって、周りが変化することで、態度を変えない限り、周りに期待しても変わらないという感じのことを言っていたと思います。とても似ていますね。

この本では、人生とは連続する刹那で、その都度、ライフスタイルを選択している。その選択をした目的にそっていろいろと言い訳をつけているにすぎないと言っています。
そこはとても共感ですね、このブログを書くのも、仕事に行くのも、家族と一緒に時間を過ごすのもその都度、判断している。そしてその判断を自分で勝手に意味付けているにすぎないですもんね。

本を見て過去に縛られず、もっと今という刹那をしっかり判断していきたいですね。

ごっちゃん



posted by ごっちゃん at 08:03| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。