2015年01月10日

読書003〜不格好経営〜

ごっちゃんです。

この本は前々から読みたいとは思ってたのですが、なぜか手をつけず置いてしまってました。
読んだらとってもよかったです。

【不格好経営チームDeNAの挑戦】
〜南場智子(著) 〜

【おすすめ度】
★★★☆☆



ハーバードMBA,マッキンゼーでバリキャリだった南場さんが、ソネットの社長にネットオークションの話を進めていたら「だったら南場さんがやればいいんじゃない?」と軽く言われたところから、ネットオークションのベンチャーを立ち上げ、そして現在のモバゲーの事業をやりそして、夫の看病のため、社長業をやめるところまでの経緯が描かれています。

もう少し経営スキルとコンサルスキルのギャップや、起業時のマーケット分析と実行時の差や、また会社が大きくなるに従って、ガバナンスの実務ポイントなどがあると経営書として面白いと思いました。
ただそうすると難しくなるので、この本の趣旨とは違ってくるかな〜

コンサルのスキルと経営するスキルはかなり違うことを言っているのが印象的です。
大学院でもコンサルをやられている方が多いのですが、その方々はみな同じことをいってます。
分析して、解決策を提示するのと、それを意思決定して責任を負って実行していくのは全く違ったスキルだと。

あとDeNAは技術陣がいつも優秀だと思っていたのですが、最初からかなり優秀な人が多かったんですよね。というか優秀なエンジニアを集められる人たらしが南場さんの力量ってことでしょうか。
でもこの当時IT企業でなくベンチャー企業にこの人材を確保できたこと、それ以降優秀なエンジニアを確保し続けたことが、現在の成功につながっているんでしょう。楽天、サイバーエージェント、GREE、LINEなどなど、どのメガベンチャーも優秀なエンジニアが集まってますもんね。

また優秀なコンサルでもなかなか経営は難しいということがよく分かる本ですね。
私も分析や課題解決立案だけでなし、責任を持った実行を伴ったビジネスパーソンになりたいと思いました。

ごっちゃん
posted by ごっちゃん at 16:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。